content_copy

監督 佐藤純彌 脚本 佐治乾 鈴樹三千夫 撮影 仲沢半次郎 音楽 佐藤勝 企画 俊藤浩滋 栗山富郎 矢部恒


▮あらすじ▮

関東の暴力団の矢東組と赤松組は利権をめぐって対立している。

その一方で関西の新生会は赤松組をバック・アップし関東への勢力拡大を目論んでた。

 

劣勢の矢東組の高杉(高宮敬二)は拳銃入手のため、拳銃ブローカー河北(鶴田浩二)の紹介で

横浜の密輸商・ハリソン商会を訪ねたが、売買を強要したため

組織の発覚を恐れた今西(渡辺文雄)に殺されてしまった。

 

次に矢東組は資金ぐりのため、賭場を開張した。

折りから警視庁の浦上警部(丹波哲郎)は組織粉砕に乗り出し、

拳銃ブローカーや、矢東組、赤松組の関係者を逮捕したが、結局内情は掴めず終いだった。

そんな頃、新生会はついに発会式を行なうまでに漕ぎつけた。

 

捜査本部はここで暴力団撲滅に一段と拍車をかける。

形勢に驚いた暴力団の黒幕・大田黒(月形龍之介)は、両派の抗争が原因で組織を根絶されては

元も子もないと、両派に偽装解散を命じた。

 

殺された高杉の弟・晋次(千葉真一)は兄の死の謎を解くため、関西に飛び、

今西の犯行をつきとめるや、河北と渡り合い、この銃声が、手を緩めていた

浦上警部を再び捜査に乗り出させる。

 

晋次は拳銃密輪の情報を浦上に伝え、刑事らと直ぐに横浜に飛んだが・・・・

 

 

組織暴力

◆感想◆「新幹線大爆破」や「人間の証明」などで有名な佐藤純彌監督が撮った組織暴力シリーズの第一弾で主演は千葉真一(だと思われる)。この作品、よくあるヤクザ同士の抗争を描いたものかと思ったら、それだけではなく拳銃ブローカーや警察も絡んできて、なかなかよくできたシナリオだと思いました。高杉晋次役の千葉真一はヤクザというより、兄弟愛の強いピュアな若者といった感じで好感が持てます。また今作では刑事役の丹波哲郎もイイ感じに暴れており、この手の映画には欠かせない人物だと思いました。復讐に燃える晋次が最後どうなるのか?ぜひこの機会に観て下さい。オススメです。

 


アルプスの与太者

映画、音楽、文学、古いものが大好きです。  

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です