content_copy

監督 小沢茂弘 脚本 高田宏治 小沢茂弘 撮影 わし尾元也 音楽 津島利章


▮あらすじ▮

大正の頃、東京に出て刺青師としての修業を積んだ渡世人・相生宇之吉(鶴田浩二)が

五年ぶりに帰阪してみると、大阪の様子はガラリと変っていた。

 

かつて彼の背に”一匹竜”の刺青を施し一時は彫師としての盛名をほしいままにした、

彫安(河野秋武)も新興の大勧進一家・鬼若組の組長・五郎(天津敏)の非道な

仕打ちに喘いでいた。

 

兄・彫久(遠藤辰雄)を日本一の刺青師に仕立てようとしていた五郎には、

腕の立つ彫安の存在は目の上のコブであった。

 

彫安は娘・小雪を遊廓にまで出さなければならないほど落ちぶれており、

それを知った宇之吉は、小雪を遊廓から引き戻すべく、女将・お君(松尾嘉代)にかけあった。

 

お君は大勧進一家の親分・豊三郎(中村竹弥)の娘であったが、宇之吉の熱意に打たれ、

小雪を遊廓から、家に返すことを約束する。

 

だがこれを立ち聞きした五郎は小雪を強引な方法で誘拐し、今度は四国に売りとばした。

驚いた宇之吉は五郎と対する暇もなく、急きょ四国へ渡る。

 

折しも英国皇室から刺青の依頼があり、日本一の彫師の選抜も兼ねて

大々的に刺青大会が催されることになった。

 

五郎は兄・彫久を日本一の彫師にするという長年の願望を今度こそ実現させようと奮い立つ。

一方の卯之吉は四国の大親分・寅松(丹波哲郎)の計らいで、無事小雪を連れ戻してきた。

 

五郎は邪魔な卯之吉を殺害しようと計画するが失敗に終わる。

 

刺青大会の日、多くの出場者の中から、彫久の「狼」が優勝と決まりかけた時、

突然会場に現れた宇之吉は満場注視のうちに、彫安作「一匹竜」を披露した。

 

 

 

博奕打ち 一匹竜

◆感想◆鶴田浩二主演の博奕打ちシリーズの第二弾で監督は小沢茂弘監督。60年代から70年代にかけて量産された東映の任侠映画作品ですが、この”一匹竜” は個人的にかなりオススメの作品になります。任侠映画ではお馴染みの天津敏丹波哲郎遠藤辰雄持田京介などに加え、河野秋武藤山寛美など、かなり個性の強い役者が出演していて、見応えがあります。またここまで刺青をフィーチャーした作品も意外と珍しく、刺青好きにも注目してもらいたいです。鶴田浩二も安定のカッコよさなのでまだの方は是非この機会に観て下さい。オススメです。

電送人間 [ 鶴田浩二 ]

価格:2200円
(2023/12/27 21:57時点)


アルプスの与太者

映画、音楽、文学、古いものが大好きです。  

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です