content_copy

監督 成瀬巳喜男 原作 川端康成 脚色 水木洋子 撮影 玉井正夫 音楽 斎藤一郎


▮あらすじ▮

東京の会社に通う初老の尾形信吾(山村聡)は妻・保子(長岡輝子)と

長男夫婦・修一(上原謙)菊子(原節子)と鎌倉で暮らしている。

 

近頃もの忘れをするようになった信吾は、去年の還暦の年に少し喀血したが、

診察も受けず特に支障はなかった。

しかし夏のある深夜、地鳴りのような「山の音」を耳にし、死期を宣告されたような恐怖を覚えた。

 

修一と菊子の夫婦関係はまだ結婚して二年ほどだったが、修一が外に女を作っていたため、

菊子はいつも浮かない様子だった。

そんな菊子を不憫に思った信吾は修一の浮気相手を探り始める。

 

修一の浮気相手・絹子(角梨枝子)は、戦争未亡人で、同じ境遇の池田という三十女と

一緒に自活していた。

 

信吾は、修一が菊子のことを子供だとよく言っていることを知り、怒りに震える。

純潔な処女だった菊子を軽んじ、他人にも平気で下世話な話をする修一の無神経さが

信吾には不可解であった。

 

菊子は修一の子を身籠ったが、夫に女のあるかぎり生みたくない気持のままに、

ひそかに医師を訪ねて中絶する。

 

このことを知った信吾は絹子の家を訪ねるが、絹子はすでに修一と訣れたあとだった。

しかも彼女は修一の子を宿していた。

 

相当に酔って帰宅した信吾は、菊子が実家に帰ったことを聞く。

菊子のいない尾形家は、信吾には廃虚のように感じられた。

 

それから数日後、菊子に電話で新宿御苑に呼び出された信吾は、彼女の決意を聞いた・・・

 

 

 

山の音

◆感想◆川端康成の代表作とも言える「山の音」を成瀬巳喜男監督が映像化した作品で、上原謙原節子が「めし」と同様に夫婦役で出演しています。原作はだいぶ昔に読んだことがありますが、なんだか原作とは少し違うなあという印象を受けました。まず、タイトル・山の音が何のことだかよく分からない、信吾の菊子に対する気持ちがそれほど表現されていない、能面が出てくるがこれも何のために出てきたかよく分からない、などです。キャスティングはまあまあ良かったと思いますが、やはり川端作品は映像化は難しいと思いました。それでも原節子ファンなら見ておいた方がよいでしょう。オススメです。

 

成瀬巳喜男映画の面影 (新潮選書) [ 川本三郎 ]

価格:1320円
(2024/2/25 20:08時点)


アルプスの与太者

映画、音楽、文学、古いものが大好きです。  

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です