content_copy

監督 岡本喜八 原作 大薮春彦 「血の罠」 脚本 関沢新一 撮影 山田一夫 音楽 佐藤勝


▮あらすじ▮

荒神市は暴力団・大岡組と小塚組が荒神川砂利採取権を巡って対立している。

ある時、東京から刑事・藤丘(三船敏郎)が市警察に汚職刑事として左遷されてきた。

 

その藤丘が大岡組のキャバレーで飲んでいると、小塚組の助っ人と勘違いされ、

乱闘騒ぎになる。大乱闘の末、藤丘はに荒神署に連行され大久保署長(小杉義男)に

厳しく叱責された。

 

村山鉄雄(鶴田浩二)は、元小塚組の幹部で妻が大岡組の仁木に轢き殺されていた。

村山はこの妻を大岡組組長・大岡久三郎(河津清三郎)と奪い合った過去があり、

復讐の機会を狙っている。

 

藤丘は村山の妻の事故を知り、仁木の妹で大岡の愛人でもあるホステスのサリー(司葉子

のもとを訪ねたが、仁木の行方は分からなかった。

 

その後、大岡組が雇った殺し屋によって小塚組長は射殺され、抗争は激化していく。

 

圧倒的な戦力の大岡組は小塚組員を次々に殺害し、一緒にいた村山も撃たれそうになるが

藤丘によって助けられる。

 

二人は次第に友情のようなものが芽生え始めるが、藤丘の忠告を無視した

村山は一人大岡組に立ち向かっていく。

 

 

 

暗黒街の対決

◆感想◆岡本喜八監督の暗黒街シリーズ第二弾で三船敏郎鶴田浩二が共演した傑作です。テンポがとても速く、忙しい感じの映画ですが、これがなかなか面白い。監督の独特な感覚がよく出ていて、オシャレにも思えてくる不思議な作品です。印象に残るのは、殺し屋なのに歌を歌わされたり、ギターを弾いたりする天本英世ミッキー・カーチスらです。この殺し屋たちがこの作品を面白くしていると思いました。一人で戦おうとする鶴田浩二がどうなるか?三船の正体は何者か?ぜひ観て下さい。おすすめです。


アルプスの与太者

映画、音楽、文学、古いものが大好きです。  

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です