content_copy

監督 谷口千吉 脚本 黒澤明 谷口千吉 音楽 伊福部昭 撮影 瀬川順一


▮あらすじ▮

野尻(三船敏郎)、江島(志村喬)、高杉(小杉義男)の三人組は銀行強盗を働き、冬の北アルプスに逃げ込んだ。

温泉宿に宿泊した三人だったが、泊まり客に逃走犯だと疑われ、逃げることにした。

何とか山小屋に辿り着いた三人だったが、警察犬の鳴き声が聞こえたため、

やむなく、出ていくことに・・・

捜索隊に追われる中、高杉は雪崩に巻き込まれ姿を消してしまった。

 

運よく助かった野尻と江島はなんとかスキー小屋に辿り着く。

そこには老人(高堂国典)とその孫の春坊、そして登山家の本田(河野秋武)が居た。

二人はもてなしを受け、一泊するがあと一週間は動けないだろうと言われる。

 

ある時、本田が朝焼けの山を楽しんでると、そこに江島が現れて銃を向けて、

山道を案内しろと脅迫してきた。

夜になり、本田を先頭に凍てついた雪渓を歩き始める。

頂上付近で江島が滑落し、野尻も一緒に落ちそうになるが、本田が命懸けで二人を助けた。

これにより本田は重傷を負ってしまう。

 

江島は身動きがとれなくなった本田を置き去りにしようとするが、

野尻は反対する。

二人は取っ組み合いの喧嘩を始めた・・・・

 

 

銀嶺の果て

◆感想◆脚本・黒澤明で三船敏郎のデビュー作。これはもう観ないわけにはいかないですね。

まず三船のギラギラ感が凄かったです。演技力はともかく、これ程のオーラを放つ役者というのはなかなかいないと思います。そして志村喬が極悪人として出てくるのもかなり珍しく、面白いです。最後に三船敏郎、志村喬がどうなるのか?これはぜひ観て欲しいです。おすすめです。


アルプスの与太者

映画、音楽、文学、古いものが大好きです。  

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です