content_copy

監督 マキノ雅弘 脚本 山本英明 松本功 撮影 坪井誠 音楽 菊池俊輔


▮あらすじ▮

昭和のはじめ頃、蔵前一家の代貸・花田秀次郎(高倉健)は、雷門一家の親分を斬り、惨殺された親分と仲間の仇を討った。

雷門一家の客分・風間重吉(池部良)は、渡世の義理から、秀次郎と相対したものの左腕を失う

 

それから五年後、刑を終えた秀次郎は名古屋に向かっていた。

その列車内で林田一家の親分・林田伝之助(志村喬)と出会う。

 

その後、雷門一家に襲撃され、手を負傷した秀次郎だったが、

芸妓のおるい(藤純子)と知り合い、手当てを受けた。

その頃、樺島一家の親分岩蔵(河津清三郎)は、国有林の入札をめぐって、老舗浅野屋をバックアップする林田一家を叩こうとしていた。

秀次郎は林田一家にワラジを脱いでいたため、樺島に激しく抵抗した。

 

そんな折、おるいの弟で林田一家の繁治が芸妓お峰と駆け落ちしようとしたが、

樺島一家に捕まり、繁治は殺され、お峰は樺島一家の代貸の勘三に奪われてしまう。

さらに樺島は浅野屋の製材所にダイナマイトを仕掛け、林田伝之助も刺殺した。

 

樺島に雇われていた風間重吉は、秀次郎を殺すように言われるが・・・・・

 

 

昭和残侠伝 唐獅子仁義

◆感想◆昭和残侠伝シリーズの第五作目、黒澤映画の常連、志村喬が出ているので、印象に残っている作品です。この作品では、秀次郎(高倉健)に腕を斬られた風間(池部良)が、再度戦うことになるというシナリオが良いですね。高倉健はもちろんカッコいいですが、このシリーズでは池部良もかなりの渋さを出してます。これぞ任侠映画という感じの作品ですので、入門編に最適かと思います。古臭いなどと言わずに、一度観てほしい名作です。

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ


アルプスの与太者

映画、音楽、文学、古いものが大好きです。  

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です