content_copy

監督 深作欣二 脚本 深作欣二 石松愛弘 撮影 仲沢半次郎 音楽 津島利章


▮あらすじ▮

愚連隊の番長・沖田勇(菅原文太)は、川崎の街で好き放題に暴れていたが、

そのうちに地元を仕切る滝川組に目を付けられ、揉め事に・・・

結局、滝川組組員を斬りつけた沖田は刑務所に入った。

 

五年後、出所した沖田は街の変わり様に驚いた。

今は滝川組と新興暴力団の矢頭組が縄張り争いをしているという。

沖田はかつての愚連隊の仲間や、破門にされたヤクザ・木崎(小池朝雄)らと

再びこの街で羽振りを利かせようと、暴れ回った。

 

そんな中、滝川組と抗争になった沖田は銃撃され暫く動けなくなってしまう。

 

その後、矢頭組の盃を貰った沖田たちは、滝川組と手打ちになるが、

関東進出を目論む巨大組織山栄会会長・大和田に因縁を付けたため、

矢頭組を破門になり、命を狙われる。

 

廃工場に身を潜めていた沖田と子分たちのもとに

矢頭組と山栄会が大挙して押し寄せてきた・・・・

 

 

現代やくざ人斬り与太

◆感想◆深作欣二監督が、あの「仁義なき戦い」の少し前に撮った作品で監督らしさが良く出ていると思います。主演の菅原文太の暴れっぷりは観ていて気持ちがいいし、安藤昇はホンモノの迫力が圧倒的。あとは沖田に惚れたパンパンの女・渚まゆみもめちゃくちゃ気が強くて存在感を示していました。最後はやっぱりそうなるかという感じの終わり方ですが、なかなか面白かったです。

菅原文太、安藤昇を知らない世代の方にも観てほしい作品です。


アルプスの与太者

映画、音楽、文学、古いものが大好きです。  

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です