content_copy

監督 北野武 脚本 野沢尚 音楽 久米大作  撮影 佐々木原保志 制作 奥山和由


▮あらすじ▮

我妻諒介(ビートたけし)は港南署刑事課の刑事。

短気で粗暴な性格から署内でも、異端視されていた。

 

ある時はホームレスを襲撃した少年に暴行を加え、無理やり自白させたり、

またあるときは、逃走犯を車で轢いたり、

手加減を知らない男だった。

 

そんな我妻が、麻薬売人の殺害事件を捜査していると、実業家・仁藤(岸部一徳)と

殺し屋・清弘(白竜)の存在にたどり着いた。

 

さらに捜査を進めると、我妻の唯一の理解者である防犯課係長の岩城(平泉成)

が麻薬の横流しをしていたことが判明する。

その岩城も口封じのために、自殺に見せかけ殺されてしまう・・・・

 

ある日、殺し屋・清弘を署に連行した我妻は、いつものように暴行を加えるだけでなく、署内で発砲してしまう。

このことが問題になり、我妻は辞職することになる。

 

その後、清弘に襲撃されたことや、岩城を殺された恨みもあり、

我妻は銃を手に入れ、仁藤、そして清弘の元に向かう・・・・

 

 

 

その男、凶暴につき

◆感想◆北野武監督の初監督作品。元々はあの深作欣二監督が撮る予定だったが、北野監督が脚本を書き直し撮ったものです。まず、セオリーを無視したような撮り方が斬新で、監督の人とは違う感覚が良く出ている映画だと思います。暴力シーンはかなりの数ありますが、どれもホントに痛さが伝わってくるとてもリアルな描写をしています。冷酷な殺し屋を演じた白竜と、たけしのバトルは見応え充分でハラハラしますね。そして最後は非常に後味の悪い終わり方をします。初監督作でこれだけの作品を撮るたけしはやっぱり凄い人です。まだの方は早く見た方がいいですよ。おすすめです。

 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ


アルプスの与太者

映画、音楽、文学、古いものが大好きです。  

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です