content_copy

監督 佐藤純彌 脚本 佐藤純彌 石松愛弘 撮影 飯村雅彦 音楽 日暮雅信


▮あらすじ▮

昭和の頃、七年ぶりに出所した新宿淡野組幹部・相羽雄作(鶴田浩二)は、

かつての縄張り新宿を歩いていた。今は淡野組は無くなり、東日本最大の暴力組織・菊名会傘下の陣野組が仕切っている。

この巨大組織の菊名会を崩壊させるために、警察は、暴力団退治の鬼と異名をとる刑事局捜査第二課長・榊警視正(丹波哲郎)に捜査を担当させた。

 

一方、相羽は子分の三郎(小林稔侍)が陣野組のチンピラに殺されたことから、陣野組組長、菊名会若衆頭・陣野行夫をゆすって三郎の葬式代百万を奪って、三郎の故郷飯坂を尋ねる。

 

飯坂のキャバレーで働いていた三郎の姉・みどりを捜し出した相羽は骨箱を渡し、三郎の死を伝えた。

ちょうどその時、菊名会系岩井組の竜次(渡瀬恒彦)が、飯坂を支配する浅川組に喧嘩を売り、抗争のきっかけを掴もうとしていた。

この浅川組を助けたのをきっかけに相羽は組にワラジを脱ぐことに・・・・

 

東北進出を目論む菊名会と浅川組の抗争に今度は北洋会が援助を申し出てきた。

相羽はこれに反対したが、浅川は盃を交そうと出向いて行った。

しかし、途中陣野組に捕まり人質にされてしまう。

 

その夜、無理やりに菊名会会長の二階堂に盃を受けさせられた浅川は殺された。

 

こうして、菊名会と北洋会の全面戦争に相羽も巻き込まれていく・・・・・

 

 

博徒斬り込み隊

◆感想◆博徒シリーズの10作目、この作品はまず、展開が読みにくいのが面白いです。浅川組長が殺されますが、菊名会、北洋会の両方と盃を交していたため、両組織で葬式の取り合いになったり、警察も絡んできて、かなりカオスな展開になっていきます。結局、一番恐ろしい組織は公的ヤクザ・警察だったというすごい作品です。最近のヤクザ映画や不良系の映画より、こっちのほうが面白いと思います。おすすめです。

 

あゝ決戦航空隊 [ 鶴田浩二 ]

価格:2527円
(2024/2/23 22:43時点)


アルプスの与太者

映画、音楽、文学、古いものが大好きです。  

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です