content_copy
1969年、ブルーノートレーベルからリリースされた、ピアニスト・デュークピアソン

アルバム「How Insensitive」

ボサノヴァジャズの融合を試みたかなりお気に入りのアルバムで、良く聴きます。

全曲おすすめできるのですが今日はその中から ”Sandalia Dela” を取り上げたいと思います。

ブラジルの歌姫フローラ・プリムが参加した曲で、歌良し、ギター良し、ピアノもちろん良し

という感じ。ピアソンのピアノは一音たりとも聞き逃せないです。

 

3分30秒くらいの曲ですが、もっと短く感じるとてもオシャレな一曲。

因みに”Sandalia Dela”とは”彼女のサンダル”という意味だそうです。

 

 


アルプスの与太者

映画、音楽、文学、古いものが大好きです。  

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です