content_copy

監督 川島雄三 原作 富田常雄「子えん日記」 脚本 井出俊郎 川島雄三 音楽 池野成


▮あらすじ▮

昭和の頃、戦争孤児で叔父に育てられた小えん若尾文子)は神楽坂界隈で芸妓として生きている。

芸妓といっても唄も踊りも出来ない子えんは、専ら枕営業の日々。

 

建築家の筒井(山村聡)や遊び人・矢島(山茶花究)、寿司屋の野崎(フランキー堺)など

次から次へと男を渡り歩く子えんだが、銭湯の帰りにすれ違う牧(藤巻潤)という大学生に

ほのかな恋心を寄せていた。

 

そんなある日、子えんのいた置屋が売春の容疑で営業停止になったのをきっかけに、

今度はバーのホステスに転身する。

 

バーの客として来店した筒井と再会し、妾になった子えん。

筒井に囲われていたが、突然筒井が吐血して入院したとの連絡を受ける。

入院が長くなったため、結局また芸妓に戻った子えんのもとに悪い知らせが入る・・・・

 

 

女は二度生まれる 4K デジタル修復版 Blu-ray

◆感想◆ 川島雄三監督の作品の中で評価が高い作品の一つだと思います。若尾文子を撮らせたら一番巧いんじゃないかというぐらい魅力を引き出してます。印象に残っているのは、筒井の妻が押しかけてきて、子えんと口論になるシーン。怒った子えんが妻に塩をかけ、追い払おうとしたら迎えに来た筒井の娘にかかってしまう所なんかは面白かったです。あとは遊び人を演じた山茶花究はホントにイヤらしかったですw若尾文子の着た衣装も素晴らしいので、女性にもおすすめしたい映画です。


アルプスの与太者

映画、音楽、文学、古いものが大好きです。  

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です