content_copy

監督 成瀬巳喜男 脚本 菊島隆三 音楽 黛敏郎 撮影 玉井正夫  編集 大井英史            夜の銀座の人間模様を描いたメロドラマ。


▮あらすじ▮

昭和の銀座、バーの雇われママ ・圭子 (高峰秀子)の店は売上が落ちてきていた。

かつて圭子の下で働いていた ユリ(淡路恵子)の店に太客を奪われていたのだ。

 

心機一転、新しい店で再スタートを切る 圭子。

そんな矢先、自身の独立の話や、ユリの突然の自殺などで心労が重なり圭子は吐血。

胃潰瘍で静養することになる。

 

実家で休んだ後、仕事復帰した圭子だったが、兄に金をせびられたり、

既婚者の関根(加東大介)に騙されてプロポーズされたりと散々な目に遭う。

 

ヤケ酒を飲み、酩酊状態の圭子は常連客の藤崎(森雅之)に介抱され、そのまま一夜を共にする。

その藤崎さえも転勤で圭子の元から離れて行く・・・・・

 

銀座の夜、圭子はいつものように

BAR CARTON の階段を上がって行く。

 

 

女が階段を上る時

◆感想◆ 昭和の大女優・高峰秀子の疲れ切った雇われママの役は想像以上にハマってました。また、衣装も担当するというマルチな才能を発揮していますね。脚本は黒澤映画でおなじみの菊島隆三、これはちょっと意外な感じがしました。印象に残っているのは、実家で母と口喧嘩になるシーンと森雅之の別れ際の演技の巧さ。特別面白い映画というわけでもないですが、なぜかたまに観たくなる、そんな作品です。

 

 

ダンナの骨壺 幻の随筆集 [ 高峰 秀子 ]

価格:1760円
(2024/2/25 22:52時点)


アルプスの与太者

映画、音楽、文学、古いものが大好きです。  

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です